SHIMOMURA Staff Blog

SHIMOMURAは数多くの世界一流ブランドを扱う正規販売店。 公式サイトではお伝えしきれない、注目のウォッチ&ジュエリー情報やスタッフのプライベートなど、いろんな情報を発信していきます!

アメリカン・ニューシネマ...........

先日、久しぶりにBSで.............!
「イージー☆ライダー」を見ました.......

何度、見ても考えさせられる映画です..........
(中学生の私を映画の世界へ引きずり込んだ作品の一つで、
大好きな映画の一つです.....
その当時、無名のジャック・ニコルソンの目つきが独特で怪しくて........イイです!)

あの時代、「アメリカン・ニューシネマ」の作品は、今までの作品とちょっと
違ってて、ほとんど「ハッピー・エンド」では無く、破滅的で衝撃的な最後で
終わることが多かったんです......

麻薬にヒッピー、人種差別や学生運動、東西冷戦にベトナム戦争、
R・ケネディ上院議員やキング牧師の暗殺など........
.その当時、さまざまな問題を抱えていた「アメリカ」を違った意味で
映画で表現していた時代.........
(日本でも全共闘、エンタープライズ阻止闘争、三里塚闘争、東大安田講堂攻防
など、本気で日本を変えようと革命を起こしてた時代でした........)

ところで「アメリカン・ニューシネマ」とはいつ、どの作品から
言われるようになったんでしょうか.....?

諸説はありますが、1967年の実在した話をウオーレン・ベイティと
フェイ・ダナウェイが扮するボニー&クライドの短くも輝いた生き方を
題材にした「俺達に明日はない」と言われています。
(これも次の日やってましたね...)
それから「真夜中のカーボーイ」や「いちご白書」「スケアクロウ」「卒業」
「激突」「わらの犬」「バニシング・ポイント」「明日に向かって撃て」などなど......

特に「イージー.....」や「俺達に....」の2作品は
ラストが衝撃的な演出で終わりを告げています........
(「明日に...」もよく似ていますが.....)
これらのラストを初めて見た時はもう.........言葉を失い、「なんてことだ......」と
とても考えさせられた思いがあり、当分声が出ませんでした........
(「猿の惑星」や「カッコーの巣の上で」のラストも衝撃的でしたが..........)

ラスト前のシーンでも、ピーター・フォンダが繰り返しながら
「しくじった....失敗だったんだ.......」と繰り返すシーンは今考えると、
あのアメリカが負けるということを暗示してたのかもしれません.......

しかし、出来栄え自体は素晴らしく、今見ても全然古臭く感じません。
(今から40年前なのに...........!)
この2作品を始めとする上記の素晴らしい作品群を是非、
ご覧になって頂ければ、あの60年代後半~70年代の雰囲気を醸し出して、
混沌とした時代背景が画面から滲み出ているのが
少しでもお分かり頂けるのではないでしょうか..................!!!

そんな作品群を見て、私自身あの時代の風を感じると、
ふとジャック・ニコルソンのセリフ、
「ニッ、ニッ、ニッ、インディアン~」と言いだしてしまう.......自分がいます
明日からも頑張ろうと.........................................................................................................

それでは、また................................!
  1. 2009/09/19(土) 00:09:09|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shimomura1873.blog34.fc2.com/tb.php/153-9ee23b38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

SHIMOMURA

Author:SHIMOMURA
創業1873年(明治6年)時計・宝石の専門店。
公式サイトではお伝えしきれない、注目のウォッチ&ジュエリー情報やスタッフのプライベートなど、いろんな情報を発信していきます!
>>下村時計店Website

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する