SHIMOMURA Staff Blog

SHIMOMURAは数多くの世界一流ブランドを扱う正規販売店。 公式サイトではお伝えしきれない、注目のウォッチ&ジュエリー情報やスタッフのプライベートなど、いろんな情報を発信していきます!

お母さんと鉄・・・・・

「機能美を追求したデザイン」「ユニークで確信的」
「高い実用性とディテールへのこだわり」「品質を追求」・・・

そんなブランドは・・・

スイスアーミー

「VICTORINOX SWISS ARMY」
(ビクトリノックス・スイス・アーミー)

1884年、カール・エルズナーと、彼の母親
ヴィクトリアがスイス、シュビッツ州、イーバッハで
ワーク・ショップを開設したのが始まりです。
(ブライトリングとエドックスとの
創業年が一緒で昨年、125周年を迎えました。)

通常、良く知られているのは品質と機能のシンボルで世界中に
高い評価を獲得した、オリジナル・スイス・アーミーナイフの
スピリットを受け継いだ「マルチツール・ナイフ」の
ブランドとしての世界的な知名度です。

そんな高い評価を反映したスイスの時計造りの伝統を体現し、
堅牢性、卓越した技術、革新的なデザイン、きわめて高いクオリティー
などなど・・・

そんな「スイス・アーミー」の名称を政府公認のもとに
許可されているブランドがビクトリノックスなのです。

まず、左側が「DIVE MASTER 500 BLACK ICE」

厚さ3ミリの無反射コーティングのサファイア・クリスタルが
ダイヤルを保護し、同じく3ミリのスチール製ケース・バックで
覆っていて堅牢で衝撃に耐えうる特性を保っています。

クオーツムーブメント、ステンレスにブラックPVD、
50気圧防水(500M)、直径43ミリ、(自動巻きムーブもあります。)
(こちらのモデルは塩化水素にそのまま漬けたり、2,5キロのハンマーで
殴りつけたり、車で轢いたり、10メートルの高さから落下させたりした
過酷なテストにもクリアした実績のあるモデルです・・・凄い・・

お値段が¥105,000です。(自動巻きはウレタンベルトで¥134,400)

そして右側は「NIGHT VISION Ⅱ」です。

こちらの最大の特徴は・・・
文字盤側にブルーライト、そして12時側に白色LEDが
点灯する機能ツールがあることです。

8時側のボタンを1回プッシュすると・・・

ブルー

12時側、マークの上のライトが約5秒間点灯します。
これは、暗闇でもはっきり時刻が分かります。

次に2回プッシュすると・・・

LED.jpg

白色LEDが約2分間点灯します。
(かなり明るく暗闇で重宝します。)

今度は3度プッシュすると・・・

約2分間、ストロボ点灯し(毎分約150回)
合図をするのに役立ちます。

最後に約5秒間、プッシュし続けると・・・

非常シグナルモードとなり、約7日間継続して、
ストロボ点滅し、通常のシグナルモードより、
明るく点滅させ、非常時に有効です!!

クオーツムーブメント、ステンレスケースにブレスレット、
(ラバーモデルもあります。)
5気圧防水、直径41ミリ、

お値段はブレスモデルで¥73,500、ラバーモデルで¥63,000です。

仕上げも素晴らしく、我々も思わず見入ってしまったぐらいです・・・
そんな卓越した堅牢性と技術を是非、金座街店にて体感して下さい!!!
心よりお待ちしております。(保証も3年間です!)

(ちなみに「ビクトリノックス=VICTORINOX」の語源は、
カール・エルズナーが敬愛するお母さんの名前で商標でもある
ビクトリア=VICTORIAと、ステンレスの国際的な名称でもある
イノックス=INOX(鉄の意味)を1つに組み合わせて
会社名としたのです。しかし、その名前より多く知られたのが、
スイス軍に供給していたアーミー・ナイフを
1945年にアメリカ軍によってアメリカに持ち帰られたのを
きっかけにして世界中に「スイス・アーミー」の名の方が
広く知られる様になったのも事実です・・・




  1. 2010/07/19(月) 17:05:39|
  2. 金座街店 NEWS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shimomura1873.blog34.fc2.com/tb.php/235-aecf47ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

SHIMOMURA

Author:SHIMOMURA
創業1873年(明治6年)時計・宝石の専門店。
公式サイトではお伝えしきれない、注目のウォッチ&ジュエリー情報やスタッフのプライベートなど、いろんな情報を発信していきます!
>>下村時計店Website

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する