SHIMOMURA Staff Blog

SHIMOMURAは数多くの世界一流ブランドを扱う正規販売店。 公式サイトではお伝えしきれない、注目のウォッチ&ジュエリー情報やスタッフのプライベートなど、いろんな情報を発信していきます!

男の友情・・・

「かかしは人を笑わせてくれる・・・」

性格がまったく違う二人がカリフォルニアから
デトロイトまで旅をしながらお互いを支えあっていく。
旅する男達を描いたロード・ムービーの秀作です。

しかしその二人の未来は・・・

かかし


「スケアクロウ」(1973年・アメリカ映画)

南カリフォルニアの人里離れた風の吹き荒ぶ路上で二人は出会った・・・

数年の刑期を終えたマックスは故郷のピッツバーグで
洗車業を始めるため、カリフォルニアからデンバーへ移動中・・

ライオンことライオネルは5年前に妊娠中の妻を置き去りにして
船乗りになったが、我が子に会いたい気持ちが募り、その世界から
足を洗い、まだ見ぬ我が子の顔を見に
カリフォルニアからデトロイトへ戻る途中・・・

けんかっ早くてなかなか他人を信用しないマックスでしたが、
明るくて陽気なライオンを気に入り、洗車業のパートナーに
ならないかと話を持ち掛け、ライオンも喜んでその話に応じました。

デンバーの妹に会いに行った二人は、妹の友達と意気投合し
パーティをしますが、そこでケンカ騒ぎを起こして
1ヶ月の強制労働をさせられるはめに・・・

そこでの生活で、ライオンは刑務所の古顔に
痛め付けられたのですが、マックスが仇を討ってくれ、
二人の絆はより強固なものになっていきました。

最後にライオンの目的地、デトロイトへ向かい、
置き去りにした妻に電話をしましたが、受話器から
聞こえてきたのは罵声と子供は死んだと告げるうその言葉・・・
(本当は電話口のそばで遊んでいるのに・・・)

そのショックをマックスに隠しながら、わざと明るく振る舞い、
生まれた子は男の子であったことを告げ、大喜びするライオン・・・

だが徐々に様子がおかしくなり始め、他の子供を抱き抱えながら
真冬の池の噴水へと入り込んでいき、最後には精神が侵されていく・・・

マックスにジーン・ハックマン、ライオンにアル・パチーノという
両名優で固めたこの作品は二人の力量といいますか、時にうらぶれさ、
しがなさ、寂しさを上手く表現しており、またユーモラスなトコも
醸し出してて、それが余計に男のダメさを強調させる様にしています。

(カンヌ映画祭グランプリ受賞作品、
ジーン・ハックマンの芸風は他の作品とあまり変わらないのですが、
アル・パチーノは「ゴッド・ファーザー」で見せたあの演技とは
180度違った演技をしており、奥の深さを感じました。)

初めて観たのは中学の時ですが、その時の感想は
「淡々と進む映画なのに、ミョーに記憶に残った映画だなぁ~」
というぐらいしか無かったのが率直な感想でしたが、
今の歳になって改めて見ると・・・「人生の悲哀、無力、絶望・・・
でも生きてる限りもっともっと強くならないと・・・」
という気持ちが交錯したことでした・・・。

(「明日に向かって撃て」や「真夜中のカーボーイ」「イージー・ライダー」
の様な未来が見えない話とは少し違った男達・・・ただこの二人に
未来はあるのかと言うと・・・見る人で意見が分かれる映画だと思います。)

しかし、いい映画って自分を成長させてくれる何かがありますね!!!

  1. 2010/09/14(火) 19:04:02|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shimomura1873.blog34.fc2.com/tb.php/238-3b4e9228
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

SHIMOMURA

Author:SHIMOMURA
創業1873年(明治6年)時計・宝石の専門店。
公式サイトではお伝えしきれない、注目のウォッチ&ジュエリー情報やスタッフのプライベートなど、いろんな情報を発信していきます!
>>下村時計店Website

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する