SHIMOMURA Staff Blog

SHIMOMURAは数多くの世界一流ブランドを扱う正規販売店。 公式サイトではお伝えしきれない、注目のウォッチ&ジュエリー情報やスタッフのプライベートなど、いろんな情報を発信していきます!

200年以上続く伝統・・・

ギョーシェ

伝統の技と情熱がここに・・・

ブレゲのクラシックモデルには
必ずと言っていいほど、文字盤に大きな特徴、
いわゆるブレゲ・スタイルと呼ばれる色々な
パターンの彫刻が入れられています。
これは何かと申しますと・・・

ギョーシェギロッシェとも言います。)」
ギヨーシェとは機械による彫刻を意味しますが、
素材を機械にセットすれば自動的に
彫られるものではありません。
これを操作するのはあくまで人の手でなのです!

このギョーシェという伝統の技は
大きく分けて二つのタイプがあります。
一つは彫刻する時、動力を用いず手動の旋盤機械を使うもの、
もう一つは旋盤をモーターなどで動かして使うものです。

ブレゲは前者の手動旋盤を自在に操って、200年以上続く
伝統を完璧な技で情熱を込めて彫り込んでいます。

しかしここに来るまで順風満帆ではありませんでした・・・
40年前のクオーツショックにより機械式時計が大打撃を受け、
ブレゲも休眠状態に陥り、この伝統の技も消えかけていました。

しかし先人達の技と伝統を受け継ごうと、少人数の方々が
立ち上がり資料を集め、使われなくなった旋盤機を探してきて
修復し、その技法の習得に10年という長い時間を費やして
(これは並大抵のことではないと思います。)
今日に至っているのです・・・・・

ちなみにブレゲの文字盤でギョーシェが
施されているものは基本的に18金で作られています。
また、1枚の文字盤を彫り込むのに3~5時間掛かるそうです。

以前では上記の様な直線がほとんどだったのが、
最近では・・・

ギョーシェ2

この様な複雑なパターンも出来る様になりました。
(でもこれは50回以上位置と部品を変え、細かな調整が
必要になって、より多くの時間が掛かります・・・・)

この完璧なる技と伝統を金座街店にて直に感じて下さいませ!


  1. 2010/09/18(土) 11:44:00|
  2. ブレゲ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shimomura1873.blog34.fc2.com/tb.php/247-ddf2a0f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

SHIMOMURA

Author:SHIMOMURA
創業1873年(明治6年)時計・宝石の専門店。
公式サイトではお伝えしきれない、注目のウォッチ&ジュエリー情報やスタッフのプライベートなど、いろんな情報を発信していきます!
>>下村時計店Website

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する