SHIMOMURA Staff Blog

SHIMOMURAは数多くの世界一流ブランドを扱う正規販売店。 公式サイトではお伝えしきれない、注目のウォッチ&ジュエリー情報やスタッフのプライベートなど、いろんな情報を発信していきます!

俺の仕事を邪魔する奴は、誰だろうとぶっ飛ばす・・・

今から29年前の1981年、12月18日、
アメリカ・バージニア州・ハンプトン・・・


ハンプトン

久し振りに見るとやっぱり見入ってしまいます・・・
ローリング・ストーンズのハンプトン・コンサート!
(画像の鮮明度はブートなので、全然イケてないですが・・・

これは1981年、9月25日から始まり、50ヶ所・165万人を動員した
ストーンズの北米ツアーで、この日はバージニア州・ハンプトンで
行われたライブの様子です。

このビデオ映像、正式でのクレジットでは出されてなく、
全てを見るにはブートレグの映像でしか見れないのがチョット残念・・・
(正式なのは「25X5」でチラリと見れるぐらいです。それと
「レッツ・スペンド・ザ・ナイト・トゥギャザー」は違う日の撮りなので・・・
これはこれでいいけど・・・う~ん残念!)

では何故このハンプトンの方がいいかと申しますと・・・

まず最初に、全身を変なペイントされた全裸の女性が、ショーの始まりを
告げると(さすがにこれは正規では出せないです・・・
私はこれはこれでブートらしくて好きですが・・・笑)バックステージから
カメラが入って行き、(さっきの全裸女性が男性と一緒にシャワー
浴びてたり・・・違う女性が男性トイレで用を足してたりと・・・
内容はハチャメチャですが・・・・・
メンバーのくつろぐ姿が映し出されます。

スタッフと卓球するビル、楽屋でもギターを弾きまくる
キースとロニー、踊りをチェックするミック・・・
(おかしかったのはミックが自分で持ってきたオレンジジュースを
キースに渡して先に飲ませ、自分は後から・・・友情なのか
あの頃の力関係なのか・・・でもいい感じが映されてました!!)

オープニングは「アンダー・マイ・サム」で始まり、
確か25曲(違ってたらスミマセン)を2時間30分で演奏してます。
(ミックもノリノリで終盤、観客にバケツの水を
掛けまくってやりたい放題!)

それからこの日は、キースの誕生日だったので
曲の合間にケーキが出てきて演奏が終わった時、
ローソクの火を消してました。(キースも嬉しそう!!

そして最後の見所は・・・
アンコールの「サティスファクション」のイントロが流れ、
天井から沢山の風船が会場を埋め尽くす時・・・
一人の男性が興奮したのか、ステージ上に上がり込んできました。

それを見たキースはあのリフを引くのを止め、ギターを逆さに持って
その男性に殴り掛かっていったのです!!!!!
男性はビックリして逃げ回り、すぐにスタッフに取り押さえられてました。

そして何事も無かったかの様に、またあのリフを弾き始めました・・・
(冒頭のセリフはのちに本人が言ったか、言わなかったか定かでは
ありませんが・・・)

その会場にいたファンは、のちに後世まで言い伝えられるであろう
歴史的出来事に遭遇出来て羨ましい限りです!!
(いつも思うのですがあの時代・・・彼らと同じ世代でなおかつ
行ける身分であったなら・・・なんて
考えてしまう自分がいつもいるんです。
自分もそんな歴史に少しは触れてみたいと・・・
しかし、それはどうしようもないことですが・・・

ちなみに上の絵はロニーが描いた絵です。
彼は画家でも有名でキースやミックはもちろん、
ジョン・レノンやジム・モリスン、プレスリーなどを描いています。)

しかし・・伝説となった映像はいつ見ても・・・凄いの一言・・・です・・・

I Know it`s onry rock`n`roll but I like it
  



  1. 2010/12/18(土) 00:11:44|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

弥七さん

あの人ほんとに流れるようにスムーズにギターでぶん殴ってましたよね(笑)

そのあと平然とリフを引き続ける姿には清々しさを感じましたね!

あ、チョコの空箱、行先決まってなかったらくださいね~
  1. 2010/12/19(日) 05:56:01 |
  2. URL |
  3. おやま #-
  4. [ 編集]

^^;

おやまさん コメントありがとうございます。

あれだけのことがあった後、
何事も無かったかの様にリフを引く・・・

やはり、歴史に残るギタリストです・・・v-10
(ヤッパ、カッコいいなぁ~)

空箱はかずに聞いてみます・・・(笑)
  1. 2010/12/19(日) 12:21:35 |
  2. URL |
  3. 弥七 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shimomura1873.blog34.fc2.com/tb.php/252-6ac33ead
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

SHIMOMURA

Author:SHIMOMURA
創業1873年(明治6年)時計・宝石の専門店。
公式サイトではお伝えしきれない、注目のウォッチ&ジュエリー情報やスタッフのプライベートなど、いろんな情報を発信していきます!
>>下村時計店Website

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する