SHIMOMURA Staff Blog

SHIMOMURAは数多くの世界一流ブランドを扱う正規販売店。 公式サイトではお伝えしきれない、注目のウォッチ&ジュエリー情報やスタッフのプライベートなど、いろんな情報を発信していきます!

Cat Eyed Boy・・・

猫目小僧

「猫目小僧」 梅図かずお

この漫画は「漂流教室」「まことちゃん」などで有名な
梅図かずお先生が1967年、少年画報から連載された作品で、
その当時、恐怖漫画大好き小学生だった
私のバイブル的作品でした・・・

妖怪「猫又」から生まれた子供なんですが、
あまりにも人間に似て生まれた為、妖怪からは疎まれ、
人間からは妖怪として迫害されるんですが、
嫌いで毒づきながらも少し恩義を感じつつ、
旅をしながら妖怪を退治して、人間を助ける話です。

同年代で水木先生の「ゲゲゲの鬼太郎」とは
同じ妖怪漫画でも一線を画す作品です。
(鬼太郎はまだほのぼの感がありますが、
 こちらは・・・ 恐怖とおぞましさが強いです・・・

実はこの作品・・・
少年画報から連載されたのち、少年キングに移り、
その後休載になって、7年後に少年サンデーで
再開したりしてと、連載、休載を繰り返した逸話がありまして・・・
(大人の事情があったんでしょうね・・・)

小学生だった私は何でと思いつつ、全話を読みたかったんですが、
金銭面と(小学生が毎号買えるお金は持ってませんし・・・)
休載されたことで、忘れてしまい読破出来ずにいましたが・・・

完全版として出てたのを、偶然書店で見つけ、
46年ぶりにやっと全話読破出来ました・・・
(何か探すのも忘れていた思い入れのあるモノに
 偶然出くわすことって・・・嬉しいことですねぇ・・・)

とても・・・感無量です・・・
 
  1. 2013/06/12(水) 18:55:11|
  2. 弥七
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

弥七さん

昔テレビで紙芝居みたいな番組でやってましたよね?

やっぱりこれはアングラな香りがしますね(笑)
  1. 2013/06/13(木) 21:55:05 |
  2. URL |
  3. おやま #8iCOsRG2
  4. [ 編集]

・・・

おやまさん コメントありがとうございます。

そうなんですか・・・知りませんでした・・・

おどろおどろしいという表現は、
小学生が知るべくもなく、かなり経って知りましたけど、
この漫画にとても似合う表現です。

  1. 2013/06/14(金) 11:58:42 |
  2. URL |
  3. 弥七 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shimomura1873.blog34.fc2.com/tb.php/558-bbd03b73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

SHIMOMURA

Author:SHIMOMURA
創業1873年(明治6年)時計・宝石の専門店。
公式サイトではお伝えしきれない、注目のウォッチ&ジュエリー情報やスタッフのプライベートなど、いろんな情報を発信していきます!
>>下村時計店Website

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する