SHIMOMURA Staff Blog

SHIMOMURAは数多くの世界一流ブランドを扱う正規販売店。 公式サイトではお伝えしきれない、注目のウォッチ&ジュエリー情報やスタッフのプライベートなど、いろんな情報を発信していきます!

ブラック..........!

皆様、お久しぶりです。弥七です!

ご無沙汰しておりました。
つい先日まで「ランゲ・アカデミー体験記」をまとめるのに少々、
手こずっておりました。(汗.....)
(この記事は下村ホームページ内の「Watch・World見聞録」
掲載しております。ご覧頂ければ幸いです。)

さて本日のテーマ「ブラック...!」のお話を少々.......



最近、多くのメーカーが自社スポーツモデルにより精悍さ、強度、耐傷性の向上を図る為、
「PVD加工」を施す傾向が強くなっています。

「PVD」とはPhysical Vapor Deposition(フィジカル ヴェイパー ディポジション)=
物理蒸着加工=分かり易く言いますと、真空の容器の中でSSやチタンケースの
表面に、チタンカーバイトや炭化水素をプラズマなどの電子光線を当てて蒸発させ、
ガス状にして蒸着ガスと混同させてコーティングする技術です。

通常のメッキと違うトコは、一般にメッキは電気を使うので電気を通す素材=
金属でないと出来なかったのに対し、PVDは真空内でガス状の素材を成膜させる
ので金属だけでは無く、例えばガラスやプラスチックなどの絶縁体素材でも
コーティング出来る素晴らしい技術です。

一般的に、
①PVD ②IP(イオン・プレーティング) ③DLC(ダイヤモンド・ライク・カーボン)
の種類があります。
(ジンのテギメント加工=浸炭と呼ばれる加工技術=
鋼材の表面に炭素分子を拡散、浸透させて焼き入れして硬化させる方法も
あります=これはちょっと違ったやり方ですが論理は似ています。
この硬度はセラミックと同じ硬さがあり、とても傷つかないです。)

IPはPVDより密着度が高く、剥げにくく、傷もつきにくいですが、
より強い膜のDLCは、ダイヤモンドに次ぐ硬さを持っていて、
傷にとても強いです。(あくまで小傷に対してです。へこみは別です。)

今はマットなブラックが多いですが、これからまだまだ技術が進むと、
色んな色のケースが出てくるかも知れませんネ!(ある意味楽しみ!!)

私が今、使っているお気に入りのDLCモデルは大きさもあるので、
かなり重く(通常品より20g以上重たいです。)けっこうあちこちに
ぶつけたりしてますが、擦り傷や小傷などは殆ど無く、とても重宝してます。

SS特有の輝きやマット仕上げの渋さは、とてもカッコいいですが
マットなブラックケースもなかなかGoodです!!!
こんなゴツくて重たい時計は初めての体験なので
最初はかなり違和感がありましたが、今では良き相棒です。

それではまた(^^)/







  1. 2008/08/26(火) 12:43:56|
  2. 弥七
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

コメント

弥七さん

油断していたら更新されていました(笑)

ドイツのセミナーはお疲れ様でした。
色々とお話聞かせていただきましてありがとうございました。


バイクにはやはりブラックスチールでしょう!
見つかって良かったですね~
  1. 2008/09/02(火) 10:39:26 |
  2. URL |
  3. おやま #-
  4. [ 編集]

お元気ですか?

おやまさん コメントありがとうございます。

いえいえ、こちらこそ長々とお聞き頂きありがとうございました。

お仕事お忙しいですか?頑張って下さいネ!

そうなんですよぉ~ 最近は殆ど着けてます!!
存在感抜群だし、傷に強いし言う事無いですね!!

ヨッシーさんとお披露目会しないといけませんネ(笑)
  1. 2008/09/02(火) 12:36:44 |
  2. URL |
  3. 弥七 #-
  4. [ 編集]

http://sildalis20.gdn/#1666 sildalis,

http://sildalis20.gdn/#1666 sildalis,
  1. 2017/06/25(日) 11:48:05 |
  2. URL |
  3. sildalis without prescription #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shimomura1873.blog34.fc2.com/tb.php/70-0175a4d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

SHIMOMURA

Author:SHIMOMURA
創業1873年(明治6年)時計・宝石の専門店。
公式サイトではお伝えしきれない、注目のウォッチ&ジュエリー情報やスタッフのプライベートなど、いろんな情報を発信していきます!
>>下村時計店Website

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する