SHIMOMURA Staff Blog

SHIMOMURAは数多くの世界一流ブランドを扱う正規販売店。 公式サイトではお伝えしきれない、注目のウォッチ&ジュエリー情報やスタッフのプライベートなど、いろんな情報を発信していきます!

蝶の男・・・

パピヨン

身に覚えが無い殺人罪で刑務所へ・・・


パピヨン2

「パピヨン」 (1973年、フランス・アメリカ合作)

胸に蝶の刺青があることからパピヨン(フランス語で蝶)と呼ばれた
原作者アンリ・シャリエールの実話を元に作られた作品です。

身に覚えが無い殺人罪で南米ギアナにある刑務所へ送られた
パピヨンは自由を求め、7回の脱獄を決行したがことごとく失敗し、
最後には絶海の孤島「悪魔島」に収容されるが、8回目の脱獄で・・・

脱獄

ついに成功し、ベネズエラに逃れて市民権を得ました。

パピヨン役にスティーブ・マックィーン。
(最初にオファーされていたのはチャールズ・ブロンソンでしたが・・・・
 ブロンソンが多忙をきわめていたので、マックィーンに依頼し、
 当時のギャラでは最高の200万ドル(約6億円)でOKして出演してます。
 スゴイですねぇ~

 そして、好対照な相棒、ルイ・ドガ役に演技に定評のある
 ダスティン・ホフマンが抜擢されました。)

ルイ・ドガ

監督にフランクリン・J・シャフナー (猿の惑星もこの監督です。)

いままでの”カッコいい”マックィーンとはほど遠い役柄ですが、
”リアリティ”さを追及する演技に観客は釘付けになってました・・・
そしてダスティン・ホフマンの脇に沿った名演技・・・
その好対照、静と動の演技のぶつかり合い、そんなことでマックィーンに
新たな演技の息吹を与えた素晴らしい作品になったと思います。

ただ、これだけ素晴らしい作品なのですが、年間1位には届きませんでした。

なぜなら・・・1973年は・・・上2つに「エクソシスト」と「燃えよドラゴン」が
いたからでした・・・

ですが・・・素晴らしい作品には間違いないです・・・
是非、一度・・・

パピ&ドガ
  1. 2015/02/18(水) 19:01:01|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shimomura1873.blog34.fc2.com/tb.php/711-b121db42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

SHIMOMURA

Author:SHIMOMURA
創業1873年(明治6年)時計・宝石の専門店。
公式サイトではお伝えしきれない、注目のウォッチ&ジュエリー情報やスタッフのプライベートなど、いろんな情報を発信していきます!
>>下村時計店Website

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する