SHIMOMURA Staff Blog

SHIMOMURAは数多くの世界一流ブランドを扱う正規販売店。 公式サイトではお伝えしきれない、注目のウォッチ&ジュエリー情報やスタッフのプライベートなど、いろんな情報を発信していきます!

destiny......

弥七です。

12月です!もうすぐクリスマスです!!
(金座街店でブライトリングフェアやってます!よろしければお越し下さい!!
その後パネライフェアが12/13~12/28に開催します。こちらもお願い致します。)

1年経つのが早いですねぇ~
これからよりお忙しくなるかと思いますが、皆様お身体の方ご自愛下さいませ。

さて今日のお話は.....

「運命と時計を絡ませるつもりは無い。だが運命は自分で切り開くものなら
時計の持つ力も捨てたもんじゃないと考えた。人生の様々なステージで
出会う時計。そのきっかけは人それぞれだろう...どんな小さなことだって
かまわない。その積み重ねが何かを生み、何かを変え、新しい自信、
活力、世界観.....人生の新たな境地に踏み込もうとした時、その時計は
相棒として左手で静かに時を刻んでいるはず.......」
(インフォ・ブライトリング 2008 vol.015より引用)

そう今日のお話は「my distiny watch 運命の時計」です。

皆様はどんな運命の時計をお持ちですか?

この時計があったから二人は出会えた....
以前見た時計が欲しくて頑張ったから、今の自分がいる.....
店頭で一目ぼれした時計を購入した時から、運気が上昇した...etc....

皆様、一言では言い表せないエピソードが沢山おありだと思います。

私の運命の時計はまずロレックス・エクスプローラーⅠでした。
なけなしのお金で、家内が結納返しとしてくれたのが
初めての機械式時計でした。

とても使い勝手が良く、防水や視認性など文句なしで、この時計から
機械式に目覚め、色々勉強させてくれた最初の運命時計です。

その次に出会ったのがフランク・ミュラー・カサブランカです。
あのフォルム、デザイン、エイジング(長年使ううちに経年変化する文字盤で
年月の変化を体現出来る発想)するサーモン・ピンクの文字盤....
今までにない雰囲気だったんですが、一番引かれたのが
Ptローターでした。

世界で初めてのPtローター(実はPtローターはジャガーなどのメーカーが
使用していましたが、22金のローターに外周だけ覆ったタイプでした。
それをフランクはローター自体を全てPtに加工して取り入れました。)
に挑戦した技術力は、現在の各ブランドに大きな影響を与えました。

フランクといえば複雑時計や奇抜な新機構などがいつも取り沙汰されますが、
実はこういった基本の構造もしっかり考えており、また、名ばかりのスイス・メイド
ではなく、あくまで全ての部品をスイスで作成された本当のスイス・メイドにこだわり
続けるといった努力も惜しまず、日々精進しています。

(この時計を手に入れる時に、お得意様のY様に「一緒に買いませんか?」と
訳の分からないことを言い、ご迷惑をお掛け致しました....Y様ゴメンナサイ!!!
でもそうしたことで、よりY様とお近づき出来た素晴らしい運命の時計と思っています。
本当にありがとうございました。)

そうした後、次に出会った時計は私に衝撃を与えてくれました........。
そう、ランゲ&ゾーネです。

この時計の第一印象はまず、オフセンターだけどシンプルで使いやすい時計だな
としか思わなかったのですが、裏を見るなり思わず唸ってしまいました..................。

いまではそんなに珍しくない裏スケルトンから見えるムーブの輝きと仕上げの
綺麗さ......いまだかつて出会ったことの無い時計でした。

「どうしたらここまで綺麗に出来るのだろう....」と思ったぐらいの完璧な仕上げで
今までの常識を根底から覆すぐらいの衝撃を与えてくれました。
(少しオーバーになってすみません。)

「いずれこの時計を絶対手に入れて、またそれに似合う男になってやる!!」
と思い、精進してそれから数年後に何とか手に入れることが出来ました。(嬉!)
その時のメーカーさんとの出会いもさることながら、最初はウチよりも早くお求めに
なられてそのご縁でウチに入る様になったO様とのご縁、それから購入したきっかけで
担当となり、ドイツ本国まで導いてくれた素晴らしい運命時計です。
(似合う男になったかどうかは???)

それから今、気に入っている運命時計はブライトリングです!!!

この時計はブライトリングを愛する皆様と、より親密にお付き合いを
させて頂いた時計です。
ブライトリングは元々嫌いではなかったのですが、購入のきっかけを
逃していたのと、もう一つの理由はデイト(日付)が付いていたことです。

私なりのこだわりなんですが、個人的にはカレンダーがどうも好きになれず、
今に至ったのです。ですから私にとって初めてのカレンダー付きの時計で
これもやはり運命だったと思います。

購入のきっかけはやはり、いつも大変お世話になっているおやまさんが
ご購入されたことと、一つのブランドでこれだけ熱く語られる皆様に少しでも
その楽しさを共有させて頂ければなぁ~と思い、決断しました!!

これも一種の運命ですよね!!!
長々と申し訳ありませんが、よろしければ皆様の運命もコメントでも
店頭でもお聞かせ下さいませ。

それではまた!







  1. 2008/12/06(土) 11:32:20|
  2. 弥七
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

弥七さん

本日は長々とありがとうございました。
本日連れて行った友人たちも丁寧に説明していていただいたと喜んでおりました。

彼らともども今後もいろいろとお世話になると思いますがよろしくお願いいたします。
  1. 2008/12/07(日) 19:27:03 |
  2. URL |
  3. おやま #-
  4. [ 編集]

m^^m

おやまさん コメントありがとうございます。

いえいえ、こちらこそありがとうございました。
あまりゆっくりお相手出来ませんで申し訳ございませんでした。

I博士の息子さんだったのですね~
お父様にそっくりですね!
お連れの方もとても楽しい方で、私も楽しくお話させて頂きました。

こちらこそ今後共、よろしくお願い致します。
(是非、来年こそは博士とご一緒したいなぁ~!!)
  1. 2008/12/08(月) 12:32:41 |
  2. URL |
  3. 弥七 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shimomura1873.blog34.fc2.com/tb.php/79-105a1b5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

SHIMOMURA

Author:SHIMOMURA
創業1873年(明治6年)時計・宝石の専門店。
公式サイトではお伝えしきれない、注目のウォッチ&ジュエリー情報やスタッフのプライベートなど、いろんな情報を発信していきます!
>>下村時計店Website

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する