SHIMOMURA Staff Blog

SHIMOMURAは数多くの世界一流ブランドを扱う正規販売店。 公式サイトではお伝えしきれない、注目のウォッチ&ジュエリー情報やスタッフのプライベートなど、いろんな情報を発信していきます!

1秒足します......

弥七です。

早いもので本日が最後の営業となりました。
この1年間、皆様からの格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。
皆様のおかげで我々スタッフ一同、嬉しく楽しく接しさせて頂き、
昨年以上成長させて頂きました。

これもひとえに皆様方のご支援の賜物と思う所存でございます。
来年も今年以上、精進してまいりますので何卒宜しくお願い申し上げます。

さて今年最後のお話は......
2009年、1月1日、午前9時(日本時間)、世界標準時に1秒増やして
地球の運行と時間を合わせる制度が3年ぶりに設定されます。

それは何かと申しますと.......そのことを「うるう秒」と言います。

じゃあ何故そういうことをするのかと言いますと.........

そもそも1秒の定義とは......大昔(古代バビロニア)は太陽が昨日と
同じ位置に来たら1日と言ってました。(今もほとんど一緒ですが)
それを1799年、フランスのメートル法で定められた地球の自転に
基づく1日の86400分の1を1秒と定義され、
世界に正式に単位として定められたのが始まりとされています。

その後、しばらくはその定義で定められた時刻でまかなえてたのですが
段々と科学が進歩してきて、より科学の進歩に応じた高精度な時刻が
必要となり、今から50年前にこの制度が導入されました。
(日本では1972年に始まり今回で24回目です。)

天体の動きに基づく時刻(天文時・UT1)と原子時計の刻む時刻(原子時・TA1)が
0,9秒以上ずれない様にする為、1秒加えたり除いたりすることですが
これまでは導入されてからすべて加える操作になっています。
(これは原子時刻に対して天文時刻が遅くなっているんですね。)

それで原子時刻に1秒だけ調整した時刻を協定世界時(UTC)と呼び、
これが今の世界の標準時となっています。

なお、1958年から刻んでいる国際原子時とUTCは現在ー34秒になっています。
これはなぜかと言うと1958年からの地球の自転が34秒遅くなってきたことを
意味しています。

で、具体的にどうなるかと言うと2009年1月1日午前8時59分59秒から
8時59分60秒(これがうるう秒)となり、9時00分00秒となります。(面白いですねぇ~)

そこで、皆様の中に電波時計をお持ちの方がいらっしゃるかと思いますが
電波時計はその時1秒進んだ状態になります。
でもその時、強制受信をして頂ければ正しい時刻となりますし、
1月2日の明け方に行われる自動受信で正しい時刻に変わりますので
ご心配なく!!!

今の原子時計はセシウム133を使った機器で10万年に1秒の
誤差しかなく、とても正確ですが最近は光格子時計という機器の研究が
進められています。その誤差とはなんと100億年に1秒の誤差!!!(驚)
現在の原子時計より3ケタも精度が良くなる為、国際度量衡委員会が
秒を定義する標準時計に認定されました。

凄いですよねぇ~!!!
とてつもなく精度がいい時計って1秒が進化するっていう感じで
その後、未来がどう変化していくのを見るのも、とても楽しみですよねぇ~!!

その反面、職人さんが多くの部品を、長い時間掛けて組み込んで
精度を出す機械式時計は日差数秒の世界です。
どちらとも同じ時を刻み、1秒1秒と進んでいきますが、同じ1秒でも
少し違った雰囲気を感じるのは私だけでしょうか?

でもどちらも素晴らしい先人達の知恵と情熱で道は開けています。
歴史や伝統が凝縮された機械式時計にも素晴らしい未来があると
思いますし、科学の進歩で100億年に1秒の誤差の時計にも未来がある........

昨今、色々な社会変動がありますが、こういった先人達の技術を
受け継いで未来に繁栄させようとする未来はとても明るいと思います!!

皆様、1年間ありがとうございました。よいお年をお迎え下さいませ!!!
それでは、また!












  1. 2008/12/30(火) 15:44:05|
  2. 弥七
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shimomura1873.blog34.fc2.com/tb.php/81-8cd30ea2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

SHIMOMURA

Author:SHIMOMURA
創業1873年(明治6年)時計・宝石の専門店。
公式サイトではお伝えしきれない、注目のウォッチ&ジュエリー情報やスタッフのプライベートなど、いろんな情報を発信していきます!
>>下村時計店Website

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する