SHIMOMURA Staff Blog

SHIMOMURAは数多くの世界一流ブランドを扱う正規販売店。 公式サイトではお伝えしきれない、注目のウォッチ&ジュエリー情報やスタッフのプライベートなど、いろんな情報を発信していきます!

「江ノ島が見えてきたぁ~・・・♪」PartⅡ

夜の江ノ島

「いま何時?・・・そうね・・・だいたいねぇ~」(笑)


      江ノ島1

  路線図

江ノ島駅

そしてとうとう・・・江ノ島へ~ 

           案内板

    石燈籠

江ノ島大橋

ここから・・・島さんぽです・・・

江戸時代から参拝や遊山目的な多くの人たちが集った風光明媚な島・・・江ノ島

名所や史跡も豊富だし・・・多彩なグルメも楽しみ~

鳥居1

先ずは・・・

江島神社までの参道にある、あさひ本店で・・・

      あさひ本店

たこせんべい

「丸焼きたこせんべい」で腹ごしらえを・・・(笑)

上下を熱した鉄板で2~3匹の丸ごとイイダコを、プレスして焼くおせんべい。
タコ本来の美味しさと香ばしい風味がとても良く、食べ応えも十分

これで歩けます・・・(笑)

さあ~着きました・・・

江島神社

江島神社1

江島神社へ 

幸福、財宝を招く神として祀られていて、多くの方々がお参りしています。
境内には「むすびの樹」と呼ばれる大イチョウの神木もあり、
縁結びの名所ともなっています。

江島神社は辺津宮、中津宮、奥津宮という三宮からなっていて、
次の辺津宮の奉安殿に安置されている弁財天は・・・

     奉安殿

全国でも珍しい・・・

弁財天

全裸の弁財天が祀られています・・・
(ちょっぴりドキッとしちゃいました・・・笑)

正式名称は妙音弁財天と言われ、俗には裸弁財天とも言われています。
琵琶を抱えた坐像で鎌倉時代の作とされています。

      中津宮1

それから中津宮を通って・・・

江ノ島シーキャンドル

江ノ島シーキャンドルへ・・・ 

さっそく登ってみると・・・

展望台

展望台1

相模湾が一望出来てサイコーな気分です。
(もっと天気が良ければ富士山も眺められたそう・・・う~ん残念 

さて、かなり歩いたのとお腹もすいてきたので、この先の・・・

     江之島亭

江之島亭で・・・

   江の島ビール

江の島ビールを飲みながら・・・

江の島丼

名物、江の島丼を~  

元々は漁師飯から始まったそうで、ぶつ切りにしたサザエをワカメと一緒に煮て、
一つ目の卵で目玉を作り、もう一つの卵でとじるやり方だそうで・・・
とても贅沢な一品・・・

ぷるぷるな卵とコリコリ、シコシコな弾力のあるサザエが絶品です。
磯の香りと風味がまろやかな卵とマッチしてて、時折の肝の
苦味がより食欲をそそります。

お腹も膨れたので・・・また、歩けます。(笑) 

そこからすぐ近くの・・・

     稚児ヶ淵

稚児ヶ淵へ~

稚児ヶ淵1

江の島の裏側はこんなに素敵な海蝕台地海岸になっているんですねぇ~

岩場が海に向けて遠浅みたいに突き出ていて、少し先まで海に近づけます。
(波には気を付けて~笑)

そしてその先には・・・

岩屋

岩屋1 岩屋2

岩屋3 岩屋4

江の島岩屋が・・・


ここは波の浸食で出来た洞窟で、第一岩屋と第二岩屋からなり、
中ではロウソクを渡されて探検気分が味わえます・・・

そしてより奥深く入って行くと・・・

龍神

龍神様が祀られていました・・・
(江の島には五頭龍が舞い降りた伝説があるそうで、それで祀られてるんですね・・・)

        岩屋5

      岩屋6

龍神様に挨拶をして・・・さぁ~戻りましょう~

帰り道、けっこうの高低差を歩いていると・・・
そこそこ・・・小腹がすいてきます・・・(笑) 

どうしても食べたい食材があったので、帰り道にある老舗の魚見亭さんにダメ元で、
お聞きしてみると・・・「あ~、ありますよ」とのこと

嬉し~ やっと出会えた・・・


生しらす

「生しらす丼」~ 

キレイです・・・透き通っていて、とってもキレイです・・・

本当は江ノ島に着いた時、2~3軒のお店に入って注文したのですが・・・
昨日は波が荒くて、多くの漁師さんが漁に出れなかったらしく、生ではなく
釜揚げしか無いんです・・・って言われてて、少しヘコんでたんですが、
こちらでは少しなら採れたての生しらすが入ってたのことでした・・・

口に頬張ると・・・
あ~、しらすのほのかな甘みと苦みが、かけてある甘辛いだし醤油と
相まって・・・
「俺は今、猛烈に感動している・・・by星・飛雄馬」(笑)
・・・というくらいの・・・最高の気分です・・・

旅で訪れたその土地、その土地で出会える美味しいモノって・・・
とってもありがたいことですし・・・嬉しいことですね・・・

      サイダー

帰りに「湘南ゴールドサイダー」を飲みながら・・・

片瀬

竜宮城みたいな片瀬江ノ島駅を見ながら・・・江の島を後にしました・・・

サブレ しらす

藤沢 駅

ホテル 地図

江ノ電 うみ

全てが新鮮で、快適で、楽しくて、嬉しくて・・・(笑) 

心も洗われて・・・心身共にくつろげた鎌倉おさんぽに感謝でした・・・

夜

  1. 2017/08/30(水) 18:33:55|
  2. 弥七
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shimomura1873.blog34.fc2.com/tb.php/869-c39f60c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

SHIMOMURA

Author:SHIMOMURA
創業1873年(明治6年)時計・宝石の専門店。
公式サイトではお伝えしきれない、注目のウォッチ&ジュエリー情報やスタッフのプライベートなど、いろんな情報を発信していきます!
>>下村時計店Website

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する