SHIMOMURA Staff Blog

SHIMOMURAは数多くの世界一流ブランドを扱う正規販売店。 公式サイトではお伝えしきれない、注目のウォッチ&ジュエリー情報やスタッフのプライベートなど、いろんな情報を発信していきます!

タヴォラ・ドーリアの謎・・・

ダヴィンチ

失われたダ・ヴィンチ、最高傑作への手がかり・・・


県美

今日は、ルネッサンスを代表するレオナルド・ダ・ヴィンチとミケランジェロの
二大巨匠が競演する幻の壁画、「アンギアーリの戦い」と「カッシナの戦い」を
県立美術館に観に来ました。

県美1

15世紀にあった「アンギアーリの戦い」で、勝利したフィレンツェ共和国の栄光を
後生に残そうと、その当時の行政長官から戦勝画を依頼されたダ・ヴィンチ。

完成の暁にはフィレンツェのシニョリーア宮殿にある
「五百人広間」の壁に飾られることになっていました。

3年の歳月を費やして構想を練り、試行錯誤を繰り返し、完璧な構図で
構想された「アンギアーリの戦い」

しかし・・・実験的に試した油彩に不具合が生じると、
修復を放棄しフィレンツェを後にして・・・二度と戻らなかった・・・

その10ヶ月後に同じ空間の壁画を、ミケランジェロにも依頼しました。

しかし、ミケランジェロも教皇からの作品依頼が入り、やむなく制作を中断、
ついに「世紀の対決」は実現することなく、500年の歳月が流れました・・・

アンギアーリの戦い

今回の作品、「タヴォラ・ドーリア」(「アンギアーリの戦い」の軍旗争奪場面)は
作者不詳になっていますが、躍動感溢れる緻密な構図と独創性は
ダ・ヴィンチそのものだと思いますし、まさに代表作だと言われていますので
「レオナルド・ダ・ヴィンチに基づく」と明記されています。
(ただ、まだまだ謎は残されているそうですが・・・)

一方のミケランジェロの「カッシナの戦い」の方は、ミケランジェロの
才能に嫉妬した他の画家によって、その下絵を切り刻まれて消失したのです。

しかし、その立体感溢れる筋骨隆々の迫力さは、多くの画家に影響を与え、
すぐに別の画家が模写したことによって、今日、史上初の「幻の競演」が
実現しました。

ルネッサンス時代のダ・ヴィンチ、ミケランジェロ、ボッティチェッリ、ラファエロ・・・

優美、繊細、躍動感、緻密な描写、完璧な遠近法、等々・・・

500年の歴史の重みと16世紀の素晴らしい風を感じた一日でした・・・

カッシナの戦い

  1. 2017/10/18(水) 17:46:11|
  2. 弥七
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shimomura1873.blog34.fc2.com/tb.php/875-af059f9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

SHIMOMURA

Author:SHIMOMURA
創業1873年(明治6年)時計・宝石の専門店。
公式サイトではお伝えしきれない、注目のウォッチ&ジュエリー情報やスタッフのプライベートなど、いろんな情報を発信していきます!
>>下村時計店Website

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する