SHIMOMURA Staff Blog

SHIMOMURAは数多くの世界一流ブランドを扱う正規販売店。 公式サイトではお伝えしきれない、注目のウォッチ&ジュエリー情報やスタッフのプライベートなど、いろんな情報を発信していきます!

1755年.....

弥七です。

.....しかし寒いですねぇ~!
皆様、お身体の方は大丈夫ですか?
風邪やインフルエンザなどがとても流行っていますので、
お出かけの際は防寒対策やマスクなどをなさって
お気を付け下さいませ!

さて今日のお話は.....
皆様、

グランサンクってご存知ですか?
これは元々、フランス・パリにあるヴァンドーム広場(ナポレオンがオーステルリッツの
戦いで勝利した記念に自分の像を建てたあの広場です。ミキモトやスウォッチ、
ゴディバも出店しています。)を拠点とする店の中で、
高級宝飾協会が認めた世界五大宝飾店(別名パリ5大宝飾店)のことです。

実はグランサンクというのは通称で、正式には「フランス高級宝飾店協会」と言います。
その五つの宝飾店を古い順から言いますとまず、「メレリオ・ディ・メレ、創業1613年」
「ショーメ、1780年」「モーブッサン、1827年」「ブシュロン、1858年」
「ヴァンクリーフ&アーペル、1906年」の宝飾店です。
(ちなみに世界5大ジュエラーは「ハリー・ウインストン」「ティファニー」「ブルガリ」
「カルティエ」「ヴァンクリーフ&アーペル」です。)
(只、パリの人々は最近グランサンクという呼び名を使わないみたいです.......)

前置きが長くなりましたが、時計業界でも5大ブランドといわれる素晴らしい
時計メーカーがあります。古い順に「ヴァシュロン・コンスタンタン、創業1755年」
「ブレゲ、1775年」「パテック・フィリップ、1839年」「ランゲ&ゾーネ、1845年」
「オーデマ・ピゲ、1875年」の5つのブランドを指して言います。
(ちなみに1990年以前は3大ブランド
(ヴァシュロン、パテック、オーデマ)と言ってましたが......)

そこで今日お話するのは時計会社としては世界最古である
「ヴァシュロン・コンスタンタン」についてお話します。
(ブランドとしてはブランパンが最古です。1735年創業)

「ヴァシュロン・コンスタンタン」は1755年、9月17日に若き創始者の
(若干24歳!!)ジャン・マルク・ヴァシュロンが最初の弟子を取った
日が始まりとされています。
1819年にはビジネスマンで冒険家だったフランソワ・コンスタンタンを
共同経営者に迎え、ここで初めて社名を「ヴァシュロン・コンスタンタン」と
改名されました。

フランソワの唱える「可能ならばより最善を求めよ。そしてそれは常に
可能である。」という企業理念を確立して、同社のシンボルである「マルタ十字」
に想いを込めて、このマークが初めて時計に刻み込まれました。

1839年、同社の機械技師だったジョルジュ・オーギュスト・レショーが
発明したパンタグラフ(一定の比率での拡大、縮小のできる機械で部品の
互換性を実現させた。)の発明により、世界で初めて時計の量産体制が
確立され、その功績を称え金メダルが授与されました。

その後、コンクールや博覧会で何度もグランプリを受賞し、1955年には
ジュネーブで開かれた平和会議で米、英、ソ、仏各国首脳にジュネーブ市から
平和のシンボルとして送られた時計はヴァシュロンでした。

コレクション・ラインナップとして伝統と技術を組み込んだ「パトリモニー」
アシンメトリック(非対称)ケースの「1972」
素晴らしき過去の遺産「ヒストリーク」
ラグが特徴的で技術力を発揮した「マルタ」
伝統的で個性的な「メティエダール」
最高の品質と精度を組み込まれたスポーツタイプの「オーヴァーシーズ」
など魅力あるコレクションがあります。

機械的には以前はジャガー・ルクルト(A・Pも使ってました。)や
レマニアのムーブが使われてきましたが2001年に自社キャリバー1400
(28.800振動、20石、平ヒゲ、40時間パワーリザーブ、ジュネーヴシール付き、
手巻き、2針)を開発し、2006年にはキャリバー2450(28,800振動、27石、平ヒゲ、
43時間パワーリザーブ、ジュネーブシール付き、センターセコンド3針、デイト付き、
22金ローター)キャリバー2455(同、スモールセコンド)
キャリバー2460(同、センターセコンド、ジュネーブシール&C.O.S.Cクロノメーター
付き、限定品)などがあり、ブリッジや地板の縁などは丁寧に面取りされ、
良く磨き込まれています。ガンギ車も耐震仕様になっており、
安全性も評価されています。(同社ではジュネーブシールやクロノメーターを取った後、
約1ヶ月クォリティテストも行っています。)

250年以上も前からジュネーブで時計製造を生業として活躍してきた
時計師=キャビノチェ(時計作りに適した屋根裏部屋=キャビネットから由来します。)
達の優れた技術と才能を受け継ぎながらジュネーブとジュウ渓谷で
今でも真摯に作られています。

「完璧さを追求してきた250年の積み重ねは、他のどこのブランドよりも
深い.....。」

それではまた!









  1. 2009/01/26(月) 18:39:05|
  2. 弥七
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shimomura1873.blog34.fc2.com/tb.php/90-bd9fd842
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

SHIMOMURA

Author:SHIMOMURA
創業1873年(明治6年)時計・宝石の専門店。
公式サイトではお伝えしきれない、注目のウォッチ&ジュエリー情報やスタッフのプライベートなど、いろんな情報を発信していきます!
>>下村時計店Website

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する